電気炊飯器とガスコンロでごはん土鍋の支出金額を比較 保温で電力を大量消費

IMG_15062020_164820_(400_x_400_ピクセル).jpg

「炊飯器の電気代とごはん土鍋のガス代どちらが安い?差額は?」

「ごはんを土鍋で炊いても、電子レンジで温めれば電気代掛かるよね?」

当記事ではご飯を電気炊飯器で炊いたときの電気代と土鍋で炊いたときのガス代の差額を紹介します。

私は東日本大震災と福島第一原発事故がきっかけで、電気炊飯器を止めてごはん土鍋を使い始めました。

その他の節電努力もあって、月7,000円台だった電気代が月2,000円台になりました。

関連記事
伊賀焼と信楽焼の『ごはん鍋』を比較 信楽焼は小さく軽い、伊賀焼はレビュー数が多い
https://konyumae-log.seesaa.net/article/475595074.html

電気代とガス代の比較表



電気炊飯器で炊く
 電気代 4.2円、ガス代 0円

ごはん土鍋で炊く(都市ガス)
 電気代 0円、ガス代 5円

ごはん土鍋で炊く(プロパンガス) 
 電気代 0円、ガス代 29円

電気炊飯器で保温(1時間)
 電気代 0.4円、ガス代 0円

電子レンジで温める(40秒) 
 電気代 0.2円、ガス代 0円



・電気炊飯器と都市ガスのごはん土鍋で炊く場合は、ほとんど差額はありません

・プロパンガスでごはん土鍋で炊くと、1年間で6,000円ほど支出が増えます

・電気炊飯器の電気代は、保温で消費しています

・10時間保温をすると1回炊くのと同等の電気代になります



プロパンガスのご家庭の場合は、電気炊飯器でご飯を炊き、電子レンジで温めると支出を抑えられます。

都市ガスのご家庭の場合は、電気炊飯器の保温機能を使わなければ、電気炊飯器でもガスコンロでごはん土鍋でも大差はありません。


我が家の場合は、東京電力に頼りたくなかったので、ごはん土鍋と電子レンジを使っています。

ご飯を温めるための電子レンジは冬場が多く、夏場はほとんど使いませんね。


プロパンガスと都市ガス 電気代とガス代の計算式


いきなり表で比べましたので、電気代とガス代を求めた計算式を紹介します。


ご飯を電気炊飯器で炊く場合

『毎日6時に電気炊飯器でご飯を炊きます。食事は朝食は6時、昼食は12時、夕食は18時です。6時〜12時、12時〜18時は保温しているので、保温時間は12時間です。』

1日にかかる電気代
=4.2円(電気で炊く)+0.4円×12時間(電気で保温×12時間)
=9円

1ヶ月の電気代
=9×30日=270円

1年間の電気代
=270×12ヶ月=3,240円



都市ガスでごはん土鍋を炊いて電子レンジで温める場合

『毎日、6時にごはん土鍋でご飯を炊きます。朝食は6時、昼食は12時、夕食は18時に食べます。保温はしませんが食事ごとに電子レンジで40秒温めます。(1日に2回温める) 火加減は中火で10分間』

1日にかかる電気代とガス代
=5円(土鍋で炊く)+0.2円×2(温め2回)=5.4円
※電気代は0.4円 

1ヶ月の電気代とガス代
=162円
※電気代は12円

1年間の電気代とガス代
=1,944円
※電気代は144円



プロパンガスでごはん土鍋を炊いて電子レンジで温める場合


1日にかかる電気代とガス代
=29円(土鍋で炊く)+0.2円×2(温め2回)
=29.4円
※電気代は0.4円 

1ヶ月の電気代とガス代
=882円
※電気代は12円

1年間の電気代とガス代
=10584円
※電気代は144円


さらに詳しく電気代とガス代の計算式


参考にした電気炊飯器はビックカメラでランキング1位の『象印マホービン NW-VA1-TA 5.5合』です。

消費電力
炊飯時:1300Wh
1回あたりの炊飯時:156Wh
保温時:15Wh


電気炊飯器の消費電力は、最近の商品であれば商品仕様の欄に記載されていますが、私物の2005年製には「1回あたりの炊飯時 消費電力」の記載がありません。

なので比較する電気炊飯器は最近のものにしました。
ちなみに、炊飯時は1100w、保温時は28wh/h でした。


電気炊飯器で炊いたときの電気代
=消費電力(W)/1000×使用時間(h)×27円(電力量料金)
=156/1000×27
=4.2

電気炊飯器で1時間保温したときの電気代
=15/1000×1×27
=0.4


ガス代の計算方法


ごはん土鍋でごはんを炊く場合、ガスコンロは標準火力(2.97kw)を使って中火10分です。
※例外はあります。

都市ガス 13A(45MJ)、標準火力(2.97kw) の場合
2.97(kW)×3.6(MJ/h)×0.16(h)÷45(MJ/㎥)×141.56(円/立方メートル)
=5.38円

プロパンガス LP(99MJ)、2.97kw の場合
2.97(kW)×3.6(MJ/h)×0.16(h)÷99(MJ/㎥)×556.85(円/立方メートル)
=28.57円


まとめ


・プロパンガスのご家庭なら、電気炊飯器がお得です。
どうしてもごはん土鍋で炊きたい場合はIH対応のごはん土鍋を使いましょう。

・都市ガスのご家庭の場合、電気炊飯器の保温機能を使わなければ、電気炊飯器でもガスコンロでご飯を炊いても、大きな差はありません。

・電力会社に頼りたくないなら、ガスでごはんを炊き、お冷ご飯はフライパンで温めたり炒飯にする