【レビュー】よく分からないまま『OPPO R15 Neo』を購入していたら確認すること

IMG20190923185017.jpg

『シャープAQUOS sense2 SH-M08』を購入するつもりでしたが,、私は『OPPO R15 Neo』を衝動買いし若干後悔しています。
今回は、よく分からないまま購入してしまった私が気づいて驚いたところを紹介します。




内蔵メモリ(RAM)が2種類ある

『OPPO R15 Neo』には内蔵メモリ(RAM)3Gと4Gの2種類が発売されています。数字が大きいほうが快適に動作します。3Gより4Gが価格が4,000円ほど高いようです。

スマートフォンで確認する方法
設定アプリ
→端末情報
→RAM


パッケージで確認する方法
パッケージ(箱)左上の金色のところと、パッケージ(箱)の裏面赤い星の中に明記されています。
IMG20190923185029.jpg


IMG20190923184959.jpg


私の『OPPO R15 Neo』は3Gバージョンで、私の使い方なら3Gで十分です。。ビックカメラの店頭に4Gが販売されていたかは分かりません。店員さんに勧められたのが3Gでした。

普段、私は動画配信の『AbemaTV』を流しながらブラウザやInstagramやTwitterなどを操作しています。
ゲームは『ワールドオブタンク』『クラフト・ウォリアーズ』『ポケモンGO』『SSA4』などやってきましたが動作に問題はありませんでした。マルチウィンドウで2アプリで動画見たりもしてますが問題ありません。

ゲーム設定がある

ゲームを快適に遊べるように設定ができます。グラフィックをきれいに表示させたり、ゲームを起動する前にキャッシュをクリアしてくれるようです(いまいち分かっていません)。

『お知らせランプ』がない

前回の記事の通り『お知らせランプ』がありません。
不在着信、充電ランプ、メール着信ランプ、通知ランプなどランプで判断できません。
これは使っていくうちに慣れました。

2019年09月18日
【レビュー】『OPPO R15 Neo』困ったところはあるけど使い勝手は良いが後悔している
https://konyumae-log.seesaa.net/article/470268886.html


ノッチ部分も表示できる

ノッチ部分にも画面を広げられます。
私は画面が見えにくくなるだけだと思うのですべてオフにしています。

セキュリティアプリがインストールされている

初期段階(出荷前に)『360』『Avast』がインストールされています。他の外部セキュリティアプリ(ウイルスバスターやカスペルスキーなど)をインストールは出来ますが常駐させることは出来ません(危険なウェブサイトをブロックするなど)。アダルト系のサイトを見る方、Yahoo!セキュリティではブロックされていましたが、『360』『Avast』ではブロックしませんのでご注意ください。

初期段階では『360』に設定されていて、『Avast』への変更はできます。

設定方法
設定アプリ
→システムアプリ(一番下)
→電話マネージャー(フォンマネージャー)
→ウィルススキャン『ウィルススキャンエンジン』
→ウィルススキャンエンジン『360』か『Avast』


Screenshot_2019-09-18-18-32-12-02.png
『360』は『360 Mobile Security Limited』が運営しているセキュティアプリです。Google Play Storeには『360 セキュリティ-無料アンチウイルス、ブースター、クリーナー』
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.avast.android.mobilesecurity&hl=ja

Screenshot_2019-09-18-18-33-25-99.png
『Avast』は『Avast Software』が運営しているセキュティアプリです。Google Play Storeには『アバスト-スマホセキュリティ』があります。
※どちらも同じアプリかどうかは不明

私は『ESET』をパソコンとスマートフォンセットのものを購入して使っていました。『OPPO R15 Neo』に『』をインストールは出来ますが常駐できないでアンイストールしました。『Avast』と『ESET』を競合させてシステムエラーが出ては困るからです。
『Mobile Security & Antivirus』
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.eset.ems2.gp&hl=ja

※前回記事と同じ

「履歴」「ホーム」「戻る」を左右反転

Andoroidは左から「戻る」「ホーム」「履歴」が通常でした。『OPPO R15 Neo』は初期段階で左から「履歴」「ホーム」「戻る」の順になっています。この順なら右手でスマートフォンをもって片手で操作するとき、右側に「戻る」があって親指が容易に届くので操作しやすいです。これも設定から左右対称に反転できます。

設定
※不明なので確認します。

アプリのクローン化

私の『OPPO R15 Neo』では『LINE』『Instagram』がアプリのクローン化されています。クローン化とはIDを2つ持てるということです。仕事用とプライベート用などと使い分けたい人には便利だと思います。ただずっと『OPPO』を使い続けるなら良いですが、いずれ元のカスタマイズされていないAndoroidに戻るのなら使わないほうがよいかもしれません。次使用するスマートフォンがクローン化対応していないと、クローンIDが使えないかもしれないからです。

設定方法
設定アプリ
→アプリのクローン化(下から4番目)
→LINE,Instagramのオンオフ、「Clone App」について


標準ブラウザは『Opera』


Screenshot_2019-09-24-10-01-30-91.png
Andoroidのブラウザと言えば『Google Chrome』が定番でしたが『OPPO R15 Neo』は『Opera』です。このブラウザを使ってみると便利なんです。通常ブラウザとシークレットブラウザに切り替えやすい、広告ブロック、翻訳が標準装備されています。Google Play Storeに広告ブロックをするアプリが単体でありますが、どれを信じて使っていよいのか分からずひとつもインストールしてきませんでした。なので初めからブラウザに採用されているので(なんとなく)安心して広告ブロックが使いやすい。広告ブロックは『Opera』が初で、最近シークレット専用の『Firefox Focus』をインストールしました、こちらもオススメ。
Screenshot_2019-09-24-10-02-52-38.png

Screenshot_2019-09-24-10-03-00-24.png

Screenshot_2019-09-24-10-01-57-19.png
広告ブロックはテキスト広告は表示されたまま、主に画像広告を非表示にします。画像広告でも表示されるものがあって基準は分かりません。

Google Play Store 『無料 VPN を備えた Opera ブラウザ』←同じものかどうかは不明
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.opera.browser&hl=ja

セキュリティ以外は大満足

前回記事と冒頭で「後悔している」と書きましたが、セキュリティの設定以外は大満足です!!「セキュアプリは必要ない」「どのセキュリティアプリでもOK!」「今まで『360』『Avast』を使ってきた」方なら問題なく快適に使っていけるスマートフォンです!!Google Play Storeで『360』『Avast』の評価を見ても高評価なんです。


関連リンク


ビックカメラで「ビックカメラ.com スマートフォンTOP」を探す。
Amazonで「 OPPO R15Neo 」「 AQUOS sense2 SH-M08 」を探す。
楽天市場で「 SHO-M08 」「 OPPO R15 NEO 」を探す。
ヤフーショッピングで「 AQUOS sense2 SH-M08 」「 OPPO R15Neo 」を探す。
2019年08月20日【まとめ】『au』から格安SIM『OCNモバイルONE』に乗換えて大満足
https://konyumae-log.seesaa.net/article/469012249.html