レ】『OCNモバイルONE』SIMカードサイズ変更(マイクロSIMからナノSIMへ)というか追加発行

IMG20190425115412.jpg

スマホの機種変更と同時に『OCNモバイルONE』SIMカードのマイクロSIMからナノSIMへサイズ変更を行いました。『OCNモバイルONE』の場合は変更オプションはなく追加発行の扱いになります。





■きっかけ
スマホ『VAIO Phone A』から機種変したかったのですが、『VAIO Phone A』はSIMサイズがマイクロSIMでした。しかし最近のスマホはどれもナノSIMです。そこでマイクロサイズのスマホに機種変するのではなく、ナノサイズのスマホに機種変と同時にSIMカードのサイズ変更を行いました。
※マイクロSIM、ナノSIMはSIMの大きさが違います。マイクロ(大)、ナノ(小)。

OCN モバイル ONE データ通信専用SIM 3GB/月コース


■『音声対応SIMのサイズ変更で電話番号を継続したい方』の場合
Screenshot_2019-08-19-10-09-16-32.png

『OCNモバイルONE』のサイトを見ますと「SIMカードの変更(サイズ変更含む)について」には以下のように明記されています。

「※ただし、音声対応SIMのサイズ変更で電話番号をそのまま継続したい方はこちらからはお申し込みできません。カスタマーズフロントへご連絡ください。」


と明記されています。今回、私が行ったのは上記の『音声対応SIMのサイズ変更で電話番号を継続したい方』です。

※印以外の方は、『音声対応SIM 追加のお申込み』『データ通信専用SIM/SMS対応SIM追加のお申し込み』の手順に沿って行えばOKです。


■SIMカードのサイズ変更方法は2つ
1)カスタマーズフロントに問い合わせる(0120-506506)
『OCNモバイルONE』の場合は、『サイズ変更』というオプションはありませんので『追加発行』扱いになります。

□問い合わせの流れ
1)私『OCNモバイルONE』に電話で問い合わせをして「SIMカードのサイズ変更をお願いします」と伝える
2)担当者「追加発行扱いになります」「再発行手数料がかかり、3,240円(税込み)」
3)担当者「この電話を切ったあとすぐに、現在お使いのSIMカードを停止します」
4)担当者「同時に追加発行の手続きを行います(担当者が)、2.3日後には新しいSIMカードが届く」
5)担当者「追加発行したSIMカードは(※)マルチSIMなのでお客様がカットしてね」
6)私がマルチSIMからナノSIMを手で切り取る、新しいスマホに入れれば完了
※マルチSIMとは、1枚のSIMカードをマイクロ、ナノに切り分けられるカード、切り込み線が入っているので手で切り取れる。

□必要なものと費用
1)契約している電話番号と氏名
2)お客様番号(Nから始まる番号:契約書や『OCNモバイルONE』アプリの「通話料金の明細」を開けば分かります)
3)追加発行手数料:3,240円(税込み)、次回の次回(2ヶ月後の)請求だったと思います。


IMG20190425115412.jpg

再発行の手数料は3,240円(税込み)掛ります。これ『OCNモバイルONE』はときどき『0円キャンペーン』をしています!

以前は、追加発行すると「新しく契約した」扱いになって、『半年縛り』も再発生していたそうです。これについてクレームがありSIMカード追加発行での「新規扱い」はなくなったそうです。(担当者の方が教えてくれました笑)



2)カッターなどでDIYする

画像:Amazon(レビュー700件超★4以上)
『SIMカッター』というSIMを小さく切るカッターが販売されています。

Amazon「SIMカッター」、楽天市場「SIMカッター」、ヤフーショッピング「SIMカッター

『SIMカッター』の型にマイクロSIMを入れて、パチン!とカットするとナノSIMになります。ホッチキスのような感じです。
『SIMカッター』の本体価格はおおよそ800円なので、(1)を行うよりお安い!だがしかし、失敗もある....。


□『SIMカッター』で失敗すると←コレ重要
失敗すると、スマホがSIMを読み取れなかったり、スマホからSIMを取り出せなくなったりする事例があるそうです。(ビックカメラの店員さん情報)。「読み取れない」場合はSIMカードが破損しているので契約MVNOで追加発行をします、当然再発行の料金が掛ります! 「取り出せない」場合はスマホを修理する費用、破損していたら追加発行するので修理費+追加発行の料金が掛ります!(痛い痛すぎる)

□成功した場合の費用:SIMカッターの料金のみ(900円くらい)
□失敗しちゃった場合の費用:SIMカッターの料金(900円くらい)+追加発行手数料(3,240円)+もしかしたらスマホ修理代

もしくは、ナノSIM対応スマホがあればナノSIMの型枠があります。それに合わせてハサミやカッターでDIYしてもいいかもしれません。(わたしは怖いので絶対にしません!)

以上、私もビックカメラの店員さんも最悪を想定して(2)『SIMカッター』は使わず、(1)カスタマーズフロントで追加発行をオススメします!

過去記事
2017年07月26日【きっかけ】スマートフォンの月額料金を下げたい。
http://konyumae-log.seesaa.net/article/452105196.html
2017年07月27日【レビュー】auから格安SIM『OCNモバイルONE』に変更して早1年、1年目は年間約32,400円も浮いた。
http://konyumae-log.seesaa.net/article/452171943.htm
2017年07月27日【レビュー】auから格安SIM『OCNモバイルONE』に変更して早1年、1年目は年間約32,400円も浮いた。
http://konyumae-log.seesaa.net/article/452171943.html
2019年08月18日【レビュー】SIMフリー『OCNモバイルONE 』アプリがアップデートでデータ通信使用量が明確!
http://konyumae-log.seesaa.net/article/468974225.html


参考サイト
OCNモバイルONE 音声SIMが月額1,600円(税抜)から!格安スマホならOCNモバイルONE
※私が契約しているプラン
Amazon SIMカッター
楽天市場 SIMカッター
ヤフーショッピング SIMカッター