【レビュー】ソニーワイヤレスヘッドセットMDR-AS600BT 音飛びする状況

sDSC_0189.jpg

ソニーワイヤレスヘッドセットMDR-AS600BTを使って2か月ぐらい経ちました。毎日使って分かった音が飛ぶ状況を紹介します。MDR-AS600BTが受信機で、送信機は私物のウォークマン、スマートフォン、パソコンです。


■MDR-AS600BTの仕様

送信機と接続する前に、MDR-AS600BTの仕様を振り返ります。

・アンテナと操作ボタン、状態を知らせるランプは全て右耳に集約。
・コーデックはSBCとAACに対応。SBCは通電すると「サー」音が雑音のように聞こえる。

わたしは初聞きのときに、この通電を知らせる「サー」音を雑音だと思ってしまって「こんなに雑音が聞こえるのか…」ガッカリしましたが、仕様だと分かり仕方がないかなと思っています。それと慣れると気になりませんよ。また音飛びをしても通電音は聞こえるようです。


■ウォークマンNW-S764
□仕様
(一部、取扱説明書より)
発売時期:2011年
Bluetoothバージョン:2.1+EDR
プロファイルバージョン:A2DP1.2、AVRCP1.3、OPP1.0
接続距離:障害のない10m以内


以下は、実際に接続して室内、屋外でウォーキング、ジョギング、ランニングをしたときの音飛び状況です。


□接続距離は5~6m
室内で接続し音楽を再生します。ウォークマンを部屋の端に置き、MDR-AS600BTを耳にかけて離れてみると5~6mのところで「ぶつっぶつっ」音がして音声が飛ぶとともに聞こえなくなります。この距離内に壁や冷蔵庫などがあると、接続距離はもっと短くなります。
※「サー」音は聞こえるので通電はしていると思われます。


□左わき腹辺りで音が飛ぶ
ランニングバッグを使ったときを想定して、ウォークマンを腰(ウエストバッグ)、二の腕(アームホルダー)、背中(斜め掛け)などに位置したときの接続具合を調べました。

すると、ウォークマンを左わき腹辺りに位置させ、体(肌)にピタッと接すると音が飛び聞こえなくなります。通電音は聞こえます。
※だいたいの範囲は、左脇下、左腰、左腹、左背中、左胸

裸でもTシャツやフリースの上からでも、体にピタッと付けると音が飛びます。フリースウェアのポケットやランニングバッグに入れたり、手に持ってでも体から少し離せば音は飛びません。


裸でウォークマンを使いたい方、ガムテープを使ってウォークマンを体に固定するなら、左腹辺りは避けるといいと思います。アンテナ近くの右上半身が良いでしょうか? 心臓大丈夫かな?


□突然左を向くと音が飛ぶ
立ち止まっていても、ランニングをしていても同様に、突然左を向くと音が「ぶつっぶつ」音が聞こえ音が飛び、すぐに回復します。

これは毎回飛ぶのではなく、何か音を伝送しているタイミングが重なったときに起きるのかなと思います。音が飛び過ぎで不快になるほどではありませんから、許容範囲だと思っています。


□送信機が揺れると音が飛ぶ
ランニングバッグに入れてウォーキングをすると、音が何度も飛ぶときがあります。

ランニングバッグのベルトを体に固定させるようにきつく閉めれば、音飛び回数は少なくなります。逆に体を動かすと軽く揺れる程度にランニングバッグのベルトを緩くすると、不快になるほど頻繁に音が飛びます。

ランニングバッグにいれず、手に持てば音飛びを抑えられ、安定して音が聞こえます。


□まとめ
これまで外出時に最適だったウォークマンですが、数年前の機種NW-S764はBluetooth接続が苦手のようです。移動しない室内で使うのなら問題なく使えます。

わたしは外国語リーディング訓練のために、再生速度が変更できるNW-S764を重宝しているので、今のところ手放す予定はありません。

NW-Sシリーズの最新機種はaptXコーデックに対応していますし、Bluetoothバージョンも上がっていると思いますのでNW-S764よりかはましだと願います。



■スマートフォン Xperia IS12S
□仕様

発売時期:2012年
Bluetoothバージョン:2.1+EDR
プロファイルバージョン:A2DP、AVRCP、OPP、HSP、HFP、PBAP、SPP、HID、PAN(バージョン不明)
接続距離:障害のない10m以内


ウォークマン同様に 以下から、実際に接続して室内、屋外でウォーキング、ジョギング、ランニングをしたときの音飛び具合です。


□接続距離は仕様通り
室内で測定したので正確に10mとは分かりませんが、ウォークマンでは音が飛んだ距離以上離れても安定して音声が聞こえていました。この距離内に壁や冷蔵庫などがあると、接続距離はもっと短くなります。


□扉を閉めると音が飛ぶ
洗面所にスマートフォンを置いたままお風呂場掃除をするときに、扉を閉めると「ぶつっぶつ」音とともに音が飛びます。


□突然左を向くと音が飛ぶ
ウォーキングやランニングをしながら、突然左を向くと音が飛びます。これはウォークマンとほとんど同じ状態ですね。


□まとめ
ランニングをしても音が飛びませんから、外出時に使うならウォークマンではなく、絶対スマートフォンです。

スマートフォンが防水仕様だったり、ビニール袋に入れればお風呂場にも持っていけますから、お風呂掃除のときはお風呂場に持っていきましょう。

※防水仕様でも洗剤を掛けてはダメです。


■パソコン VAIO FIT14E
□仕様

発売時期:2013年
Bluetoothバージョン:4.0+HS準拠。
プロファイルバージョン:調査中
接続距離:障害のない10m以内


以下から、実際に接続して室内でパソコン作業中や筋トレ、家事のときの音飛び具合です。


□接続距離は仕様通り
スマートフォンと同様に、接続距離は10mほどあると思います。
距離が10m以内でも送信機を受信機の間に壁や冷蔵庫などがあると、音飛びし音が聞こえなくなります。


□扉を閉めると音が飛ぶ
屋内ではパソコンを部屋に置いたまま、家事をするために台所やお風呂場に移動します。

扉を閉めると「ぶつっぶつ」音とともに音が飛びますが、扉を閉めなければ音飛びを抑えれます。


□動画再生時の音の遅延
音飛びとは違いますが、購入前に気になっていた動画再生時の音の遅延について触れておきます。

購入前は「コーデックSBCは動画より遅れて音声が聞こえる」ことが購入に踏み切れない理由でした。しかし、パソコンで動画をじっくり見ることがあまりないので、この仕様は捨てるぐらいの気持ちで購入したわけです。

実際に体験してみると遅延を感じません。単にわたしが鈍いからかもしれませんが、そんなに気にすることでもないのかなと思っています。


□まとめ
室内で筋トレやジャンプ、お風呂掃除などをしても音飛びはしません。障害物があると接続距離が短くなるようです。



■総まとめ
音飛びはBluetoothのバージョンとは関係がない気がします。それは、よく音飛びをするウォークマンとあまりしないスマートフォンのBluetoothバージョンは「2.1+EDR」と同じだからです。

ただ、2つの発売時期には1年の差があることと、
スマートフォンのプロファイルバージョンが不明なので、断言はできませんがプロファイルとそのバージョンに差があるのかもしれません。
Bluetoothバージョン4.0と最新でも(たぶん最新)、壁や家電を挟むと接続距離が短くなります。


関連リンク
ソニーストア
■Amazon MDR-AS600BTワイヤレスヘッドセット
■楽天市場 MDR-AS600BTワイヤレスヘッドセット
■Yahoo!ショッピング MDR-AS600BTワイヤレスヘッドセット
ビックカメラ.com