【レビュー】カスペルスキ-2013をAndroidで使用 繰り返す再起動とアクティベーション入力


画:Amazon
スマートフォンを購入して3ヶ月、セキュリティソフトはパソコン同様カスペルスキー2013を使っています。カスペルスキー2013マルチプラットフォームセキュリティはWindows、Mac、Androidの3種に対応しており、どの組み合わせでも1パッケージで3台までインストールできます。
わたしはWindowsのパソコン2台、スマホAndroidに入れています。


■カスペルスキーAndroid 基本メニュー
IMG_1421.jpg
カスペルスキーAndroidは、カスペルスキー インターネット セキュリティ for Androidのこと。

□アンチウィルス:スキャン、アップデード、クラウドスキャナーの設定など
□プライバシー保護::連絡先などSNSの非表示設定
□盗難対策::端末ロック、データ消去、GPS追跡など
□着信拒否::ブラック・ホワイトリスト作成
□危険サイトブロック::悪意のあるサイト・フィッシングサイトを開く前にブロック
□詳細::ライセンス、レポート確認など


■カスペルスキーAndroid 3ヶ月使用
悪意のあるサイトブロックやスキャンでウィルス検出されたことはありませんでした。ウィルス対策ソフトでよく聞く「重い」と感じたこともありません。

パソコンに比べて定期データのアップデード量が少ないようで、自動アップデードをしていても気づかないほど軽いですし、とっても早いです。(他ウイルス対策ソフトと比べていません)


■再起動とアクティベーションコード
IMG_1401.jpg
気になっていることがあります。
それは、スマホを再起動すると同時にカスペルスキー2013が起動しないことです。

そうなると自分でカスペルスキー2013を立ち上げる。それだけでなくて、「アクティベーションコードを入力して下さい」と言う画面が毎度表示されます。

これはカスペルスキー2013をインストールし初めて起動させたときの画面と同じです。(アクティベーションコード=シリアル番号と思われる)

IMG_1420.jpg
初期設定に戻っているようで、
その後も、暗証番号を決めたり、メールアドレス、別の暗証番号入力したり、「これは完了出来ません」などど言われたりします。(完了しているんですけどね。。)
アクティベーションコードはカスペルスキー2013のパッケージに同封されているカードに記されているので、外出中になったら大変。

もうありえない。


とりあえず、ライセンスはあと900日ほどありますので使っていくかもしれませんが、不具合なのかどうか、問い合わせしてみます。

【追記1】カスペルスキーに問い合わせたところ、アンンインストールと再インストールを支持されました。その後は、バッテリー切れからの再起動でも自動でカスペルスキーは立ち上がるようなりました。


■AU ウイルスバスターTM for au
もし、キャリアがauならば、auスマートパスに加入すると有料アプリが月額390円で使い放題です。セキュリティソフトのウイルスバスターTM for au(月額315円)も対象内です。
「auスマートパス月額390円内にウイルスバスターTM for au月額315円を収め、残りの75円で有料アプリを使い放題にする感覚」だと、au窓口のお兄さんはおっしゃっておりました。

auスマートパス


関連リンク
■カスペルスキー カスペルスキー インターネット セキュリティ for Androidの製品情報はこちら30日無料体験版はこちら
■トレンドマイクロ ウイルスバスター モバイル アンドロイド用
■Amazon カスペルスキーウイルスバスター
■楽天市場 カスペルスキーウイルスバスター
■Yahoo!ショッピング カスペルスキーウイルスバスター
■ヤフオク! カスペルスキーウイルスバスター