【レビュー】カスペルスキー2013でオンラインゲーム起動テストとゲームモード設定


画:Amazon
ウイルス対策ソフトはカスペルスキー2013マルチプラットフォームセキュリティ(略:カスペルスキー)の無料体験版を使っています。カスペルスキー2012では一部のオンラインゲームが起動しないと報告があったので、カスペルスキー2013版はどうなのか、試してみました。
※以前、使っていたのはウイルスバスタークラウド2012です。


■カスペルスキー2012
カスペルスキー公式サポートはカスペルスキー2012上では以下のオンラインゲームを起動できないとの報告があります。パソコン環境によっては起動する場合もあるそうです。

777 TOWN.net
NEXON777
ファンタジーアース ゼロ
CABAL ONLINE
ペーパーマン
コンチェルトゲート フォルテ
トキメキファンタジー ラテール
WarRock(ウォーロック)
Wizardry Online ~汝、死忘れるなかれ~


以上が、カスペルスキー2012のサポートに書かれているオンラインゲーム。

これらはパソコンにインストールするオンラインゲームです。ブラウザで遊ぶモバゲーなどとは違うものです。


■カスペルスキー2013
カスペルスキー2013でオンラインゲームはコンチェルトゲートフォルテとペーパーマンを起動するかどうか試しました。

起動してみると、
起動途中に起動を確認する表示がでますが、承諾を選択すると起動できました。たしか縦長の表示だったかな。

ゲームで遊んでみても重くなった感じはなく、今までどおり遊べましたよ。


■ゲームモード設定
カスペルスキー2013には自動スキャンやアップデートを行わないようにするゲームボード設定があります。
オンラインゲームで遊んでいるときに、自動スキャンやアップデードなどが起動されると極端に重くなり、オンラインゲームが落ちてしまうことがあるからです。

カスペゲーム
□脅威の検知時に自動処理する
□アップデードのスケジュールタスクを実行しない
□スキャンのスケジュールタスクを実行しない
□手動スキャンタスクを一時停止する


以上4点の機能をオンオフ設定できます。

気になるのは「全画面表示のときだけ」です。
オンラインゲームによっては、全画面表示ではなく最大化表示だったり、全画面表示にするとパソコンの動作が重くなるのでユーザーがあえて縮小サイズにして遊びます。

パソコンの動作を確保したい低スペックのパソコンこそ、ゲームモード設定を活用したいですが、全画面でないと機能しないのでは意味がないですね。

オンラインゲームをしているとき動作が重くなるなら、基本設定で手動アップデートにしたほうがいいでしょう。


関連リンク
■カスペルスキー カスペルスキー 個人向け製品30日無料体験版はこちら
■トレンドマイクロ ウイルスバスター クラウド30日無料体験版はこちら
■Amazon カスペルスキー マルチプラットフォームウイルスバスタークラウド
■楽天市場 カスペルスキー プラットフォームウイルスバスタークラウド
■Yahoo!ショッピング カスペルスキー プラットフォームウイルスバスタークラウド