【きっかけ】冬の部屋着にダウンパンツが気になる。

sIMG_2699.jpg
冬の部屋着用にダウンパンツが使えるのではと検討しています。今回はダウンパンツにたどり着いた経緯を紹介。



■冬の部屋着
わたしは寒がりです。気温が20℃を切ると暖房を使いたくなります。でも、光熱費が高くなられても困るので、厚着をして凌ぎます。

部屋着の上は、インナーは肌に密着するようにTシャツ、ヒートテック、長Tの順に、トップスはニット、フリース、パーカーなどを組み合わせて、アウターにナイロンジャケット。
下は下着、ヒートテック、裏起毛ナイロンパンツ、ハイソックス、フリーススリッパなど。

これにネックウォーマー、ひざ掛け、薄手の掛け布団を追加します。外出する予定がないならパーカーのフードをかぶるのがお勧めです。髪型がぺちゃんこになる代わりに頭と顔が温まります。

これらを寒さに合わせて組み合わせを調節していくと、上半身は温かいですが、足が寒いです。特に膝裏と足首ですね。椅子に座っていると膝裏に空間ができるようで少し寒くなります。それにちょっと移動した後に膝掛けを掛け直すのが面倒です。


■改善したい部屋着

これまでの部屋着で改善したいのは足です。足に膝掛を掛けたり足を包んだりせずに、温まる防寒着はないのでしょうか。

そこで寒さに強くなければならない極寒地の服装を調べました。参考にしたのはエベレスト登頂時の三浦雄一郎さんです。

三浦雄一郎さんのアウターはノースフェイスが提供しているようで、「ヒマラヤンパーカ」「ヒマラヤンパンツ」です。


■「ヒマラヤンパーカ」「ヒマラヤンパンツ」
「ヒマラヤンパーカ」と「ヒマラヤンパンツ」は2013年5月にエベレストに登頂した三浦雄一郎さんの「MIURAエベレスト2013プロジェクト」をサポートした商品です。





どちらもダウンです。ダウンのパンツもあるんですね。

参考サイト:FASHION PRESS 「ザ・ノース・フェイス、三浦雄一郎の世界最高齢エベレスト登頂を支えた"究極のアウターダウン"を発売」http://www.fashion-press.net/news/8833


■廉価なダウンパンツ
「ヒマラヤンパンツ(ND91316)」のような肩にかける部分(名称は・・?)がなく腰までのもので、「ヒマラヤンパンツ(ND91316)」よりも廉価なダウンパンツを探すと、いくつか見つかりました。

価格は10,000~23,000円。どれも屋内向きな地味なデザインが多い中、マウンテンイクイップメントはカラーが可愛いです。

□ノースフェイス

高品質のダウンに遠赤外線効果のある光電子をミックス


ブーツを履いた状態でも着脱しやすいサイドにファスナー付。バスケのジャージのようなもの。

□モンベル




□マウンテンイクイップメント

この画像はグリーン(Lime Peel)ですが、バイオレットブルーが良い色、他にピンクとブラックがある。Amazon(上画像)では取扱商品が少なく、下記の楽天市場で取扱われています。

□ナンガ

国内のシェラフメーカー(寝袋)、滋賀県製造、フィルパワーは860FP。


■今後の予定
「ヒマラヤンパンツ(ND91316)」はアウターとして使っていますが、廉価なダウンパンツはアウターかインナーかが分かりません。

ナンガの場合は、撥水加工がされていますがアウターとは思えないテカテカデザインです。「出来る限り軽く、小さくを実現」と紹介されていますし、インナーなのかな。

今後はどういった用途なのか調べつつ、店舗で試着してきます。

■関連リンク
□Amazon ノースフェイス ダウンパンツモンベル ダウンパンツマウンテンイクイップメント ダウンパンツナンガ ダウンパンツ
□楽天市場 ノースフェイス ダウンパンツモンベル ダウンパンツマウンテンイクイップメント ダウンパンツナンガ ダウンパンツ
□マウンテンイクイップメント 公式サイトマウンテンイクイップメント
□ナンガ 公式サイト http://www.nanga-schlaf.com/