【検討中】お風呂・キッチンで使えるワイヤレスポータブルスピーカー ソニー「SRS-X1」


ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X1」を2台購入するかどうか検討中です。「SRS-X1」は、旧型「SRS-BTV5」の後継機的な位置づけ。旧型からパワーアップしていて、最大出力UP、ステレオペアリング機能追加、低音増強振動板ユニット追加、内臓充電池の利用時間延長、もちろん防水仕様です。



■ここが好き
□2台でステレオペアリング

2台のソニー ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X1」をペアリングすると、ステレオになります。2台の「SRS-X1」をステレオペアリングしてから、片方の「SRS-X1」と音楽機器をBluetoothでつなぐようです。(面倒でしょ)

ただし、AUDIO INモード(音楽機器と有線でつなぐ)では、ステレオペアリングできません。

参考リンク:ソニーヘルプガイド パーソナルオーディオシステムSRS-X1 スピーカーを2台使用してステレオ再生を楽しむ(ステレオペアリング機能)
※ステレオペアリングは旧型「SRS-BTV5」には、なかった機能です。


一般的なラジカセやコンポでは、スピーカーは左右1台ずつで1組(スピーカー2台で1組)ですが、「SRS-X1」は1台(スピーカー1台)だけで販売です。ステレオ1組にするには「SRS-X1」が2台の購入が必要です。右か左かは購入時には関係ありません。

もちろん「SRS-X1」を1台だけでも楽しめます(*´▽`*)
むしろ、ソニーサイトでは2台必要なステレオペアリングについては軽く触れている程度です。

ただ、ステレオペアリングという面倒な機能に、私のテンションが上がっているだけです(/ω\)
将来的には、ステレオペアリングを繰り返して、5.1chを期待していいのでしょうか?(笑)


□丸くて可愛いだけじゃない
「SRS-X1」の丸くて可愛いところに惹かれましたが、
「SRS-X1」は可愛いだけではなく、小さい・防水・ワイヤレス・12時間稼働で実用的、いろんなところに持っていけそうです。

私だったらこんなところで使います。

・お風呂で湯船につかりながら、動画や読書はスマートフォンやタブレットで、音声や音楽は「SRS-X1」
・嫌々な風呂掃除のときに、テンションの上がる音楽を聴く
・キッチンでは、料理や3時間はかかるパン作り、大量の洗い物のとき
・1日だけのバーベキューもいいかも(2,3日するキャンプだと、充電式より電池式がいいかもね)
・仕事中では、小さいのでデスクに置いても邪魔にならない、ウォークマンで音楽を聴きながらスマートフォンで着信ができるハンズフリー通話も便利。
・就寝前の読書に、ベットサイドに置ける大きさ。

注意が必要なのは、底は平らですが全体的に丸いので「倒れる=転がる」、防水はJIS防水保護等級 IPX7/IPX5相当、防塵は対応していないことと、当然、高温や石鹸なども苦手。

※JIS防水保護等級
IPX7相当とは、水深1mに静かに沈め、30分放置しても本体機能を保護するものです
IPX5相当とは、あらゆる方向からの墳流水に対して本体機能を保護するものです
(引用元:ソニー 製品情報 アクティブスピーカー

IPX7/IPX5が2つ書かれているのは、IPX7は水没時の条件、IPX5は噴流水時の条件だからでしょうね。


□12時間稼働
バッテリー稼働時間は旧型「SRS-BTV5」の約5時間から、「SRS-X1」は倍以上の約12時間。スマートフォンのように、常時必要でもないですから、ワイヤレススピーカーとしてなら十分な時間です。

ただし、内蔵充電池で使用の場合は、パソコンおよび電源コンセントに接続した状態よりスピーカーの最大出力は低下するそうです。

参考リンク:ヘルプガイド パーソナルオーディオシステムSRS-X1 パソコンから充電する

それと充電しながらでも使えるのか、販売店やソニーに聞いてみました。(ザックリ書くと)
Q.「充電しながらでも使えますか?バッテリーは劣化しませんか?」
A.「充電しながら利用できるけど、充電だけの場合に比べて、バッテリーは劣化する恐れがある。」

といことで、取り出せないバッテリーを考えると、充電しながら利用しないほうが良さそう。
スマートフォンと同じような扱い方ですね。

前述したように、約12時間も稼働するので、充電しながら稼働させる場面はないような気がします。スマートフォンのように絶対必要なものでもないですからね。


□旧型より音が良い
スピーカーが上を向いています。これは旧型「SRS-BTV5」も同じで、直上のディフューザーパネルに音を当てて360度に拡散するためです。

一般的なラジカセで音楽を聞くとき、スピーカーは人がいる方に向けますよね。スピーカーが向いている方向は良い音が聞こえるのに、スピーカーの真裏では音が良く聞こえません。

「SRS-BTV5」「SRS-X1」は360度に拡散するので、どこに置いても同じような音が聞こえるはず。丸い形なので、いい音が聞こえる場所より、安定感のある場所に置くといいかもね。

新型「SRS-X1」は、旧型「SRS-BTV5」にはなかった低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を搭載し、最大出力1.5Wが5WにUPしました。 バスレフ型のスピーカーに比べ風きり音などのノイズを抑え、低音再生を強化されているそうです。

この辺は、良く分かっていません、何となくいい音がするような気がする(笑)



関連リンク
ソニーストア
■ソニー ヘルプガイド SRS-X1
■Amazonレビュー SRS-X1
■楽天市場レビュー SRS-X1