安い軽い頼りない段ボール網戸を自作。

これまでどの賃貸アパート・マンションにも網戸がなくて、夏場は暑さに耐えるか、虫と暮らすかと悩まされました。

網戸を購入すればいいのですが。
アパートによって窓枠のサイズが異なり、ホームセンターで適当に購入しても使えません。それに数年で引っ越すときに、大家さんにプレゼントするか処分するモノです。

そこで、無いものは自分で作ればいいじゃないかということで、昔々に自作した『折りたたみ式段ボール網戸』の作り方を晒します。



■段ボール網戸
□デメリット

・見た目が酷く、他人には見せられない
・ヨレる部分があり、頼りない
・汚れても洗えない

□メリット
・無料で入手できる段ボール
・木材に比べて、軽くて切りやすい加工しやすい段ボール
・ゲリラ豪雨にも耐えた経歴を持つ(外側にすだれ有)

■網戸の枠を自作する
この網戸は、部屋の内側に設置し、網戸の枠は段ボールです。使う季節は突っ張り棒で固定し、これを軸にしてドアのように開閉できます。使わない季節は折りたたんで収納できます。


□作る大きさ
縦:窓枠と同じ長さ
横:30㎝

□使うもの
段ボール、網戸の網、ホッチキス、粘着テープ、突っ張り棒(1本か2本)、ダブルクリップ(大き目3つ)
※突っ張り棒が2本あればダブルクリップは使いません。

□網戸の網
縦:窓枠と同じ
横:30㎝

網戸の網は抑えていないとすぐに丸まってしまいます。重しとして本・水の入ったペットボトルを用意します。端は隠れるので雑切りで大丈夫。

□段ボール
自作網戸材料.jpg
A)30㎝×30㎝:4セット
これを15㎝×30㎝ になるように折る

B)20㎝×縦4等分の長さ:8セット
これを10㎝×縦4等分の長さ になるように折る
※縦200㎝の窓枠なら、20㎝×50㎝:8セット

C)20㎝×10㎝:3セット
20㎝を3つ折りにします。

□突っ張り棒
窓枠の縦に固定できる長さで最低1本。
2本あればダブルクリップは使いません。


□網戸の枠を作る
1)網の端を段ボールA)B)の内側の折り線に合わせる。
2)粘着テープで段ボールに網を張り付ける。
自作段ボール網戸配置図.jpg
3)段ボールで網を挟むように折り曲げる。
4)段ボールの断面をつぶし、ホッチキスで止める
※段ボールが厚く、一般的なホッチキスでは止まらないのでつぶします。
※段ボール・網・段ボールとなるように

□網戸の固定部位を作る・・・D)
自作段ボールL字固定.jpg
段ボール網戸の上下に突っ張り棒で固定できる部分を作ります。横から見ると「コ」の字になります。
1)A) を上下面に粘着テープで固定します。
※上面は逆L字、下面はL字になるように

□網戸の固定の補助具を準備する
折りたたみ式にしたので、ヨレてしまう部分があります。そこを固定する補助具を作ります。

1)C)1個にクリップ1個を割り当てる。
2)3つ折りの内1か所にダブルクリップを挟みます。


□段ボール網戸を窓枠に固定する
自作段ボール網戸完成.jpg
1)窓を40㎝ほど開ける
2)窓枠の側面に段ボール網戸の側面を合わせる
3)窓枠上下面に、D)の上下L字を突っ張り棒で固定する
4)窓を閉めて窓の取っ手で段ボール網戸を挟む
5)窓の取っ手側は段ボール網戸の折りたためる部分がヨレて隙間ができるので、補助具で取っ手をクリップで挟んでヨレを抑えて隙間を減らします。

□段ボール網戸の使い方
網戸が不必要な時期は外して折りたたんで収納する。
段ボール網戸を使う時期に、窓を閉めるときは、補助具を外し突っ張り棒を軸にして、段ボール網戸を手前に約90℃開くと窓が占められます。


■玄関網戸を使えばもっと簡単
1)玄関網戸は50㎝×2個に分かれているタイプを使います。マジックテープタイプ、磁石タイプのどちらでもできます。
2)網の端にマジックテープのメスを付けます。(既についてあるのもあります)
3)窓枠と窓の端(取っ手の辺)にマジックテープのオスを張り付けます。
ステンレス部分に付けましょう。木材部分に付けると剥がすときに塗装がはがれる恐れがあります。
『剥がせるテープ』を使うといいですね。
4)オスにメスを付ければ完成です。


関連リンク
■Amazon 玄関網戸スライド網戸
■楽天市場 玄関網戸網戸 スライド
■ベルメゾン サッシ窓用スライド網戸