ソニーウォークマンNW-S764の基本メニューを紹介しています。

IMG_0861.jpg
ソニーウォークマンNW-S764を購入しました。ソニーウォークマンの中では標準的なタイプです。最初に表示される基本メニューに付いて紹介していきます。因みに購入価格は約11,000円 (参考価格:Amazon|価格ドットコム|楽天市場)、通販サイトのソフマップ楽天市場店を利用しました。

目次
1.同封品、外観、大きさ (レビュー1)
2.基本メニューを紹介。(レビュー2)←今ココ
3.語学学習モードを紹介。(レビュー3)
4.音楽の転送方法を紹介。


■パソコン側の準備
ソニーウォークマンNW-S764を十分に楽しむには、ソニーX-アプリが必要で、X-アプリはウォークマン本体ソフトに入っています。(同封品にCD-ROMはありません)
PCとNW-S764をUSBケーブルでつないぐと、自動でセットアップされます。手順は同封書『パソコンの準備』で簡単に説明されています。5つの手順で準備完了です。

IMG_0853.jpg
上)『パソコンの準備』、下)『取扱説明書』

『取扱説明書』は5mmほどの厚み、『パソコンの準備』『ポータブルMDやCD、ラジカセなどからの録音』は広げると紙1枚。とっても簡単に順を追って説明されています。

『パソコンの準備』『ポータブルMDやCD、ラジカセなどからの録音』 だけで、PCセット、音楽転送・録音、再生、が簡単に出来ます。
※『パソコンの準備』には同封品のUSBケーブルを使います。
※ポータブルMDやCD、ラジカセなどからの録音は別売りケーブルが必要です。

■ホームメニュー(基本メニュー)
201208231322112e1.jpg
全12項目、わたしがよく使うのは「ミュージック」「おまかせチャンネル」「ノイズキャンセリング」「FMラジオ」「Bluetooth」「音楽再生画面へ」「ポッドキャスト」ですね。

使ってて気づきましたが、操作キーの「BACK」は1クリックで1つ前に戻り、長押しでホームに戻ります。「OPTION」は1クリックでオプションを開き、長押しは電源オンオフです。ラジオを終了しウォークマンNW-S764を収納するときは、必ず「OPTION」を長押しし電源をオフにしましょう。


■ホームメニュー → ミュージック
IMG_0899.jpg

IMG_0900.jpg
全11項目、
選曲は、「全曲」「アルバム」「アーティスト」→「0-9」「A-Z」「ア-ワ」へと探しやすくなっています。

「プレイリスト」は、「X-アプリ」などのソフトで作成する必要があります。「NW-S764」内では作成できません。

「ブックマーク」は、「NW-S764」内で選曲しブックマーク登録した曲がまとめられています。ブックマークは全5つあります。

「フォルダー」は、PCでフォルダー作成が必要です。PC内で曲を「ドラッグ」して転送できます。
「録音した曲」は「ポータブルMDやCD、ラジカセなど」から録音した曲が収められています。録音方法は「ポータブルMDやCD、ラジカセ」を再生し「NW-S764」で録音します。

録音方法は同封書の『ポータブルMDやCD,ラジカセなどからの録音』で手順を分かりやすく説明されています。※黒いケーブルは別売り専用ケーブルです。

「受信した曲」は、Bluetooth内蔵の機器同士で音楽の転送をして楽しみます。


■ホームメニュー → 音楽再生画面へ
前回再生していた曲の再生画面につながります。間にラジオを聞いたとしても大丈夫。


■ホームメニュー → FMラジオ
オートプリセットで放送局を自動検索してくれますが、わたしの地域が行けないのか全く検知しません。周波数を自分で設定すれば問題なく聞けます。「OPTION」でプリセットできるので、よく聞く放送局を設定しておけます。

FMラジオの内蔵アンテナは「NW-S764」の上部にあります。電波が悪いときはこの部分を意識して、移動するとよさそうです。 外出時はカバンに入れて聞いていますが電波は良好。(場所によりけり)


■ホームメニュー → ノイズキャンセリング
こちらでは場所設定(電車、航空機、室内)、ノイズキャンセリング機能の感度設定を行います。効果は良好、ノイズキャンセリング機能についての感想はあとで。


■ホームメニュー → おまかせチャンネル、ポッドキャスト
IMG_0898.jpg
おまかせチャンネル エモーショナルを選択

「おまかせチャンネル」は、曲調によって曲を自動振り分けして再生します。朝テンションを上げたい時や、仕事帰りに落ち着いた曲などその時の気分にあった曲を選んでくれます。アルバム、アーティストを飛び越えて選曲されるのがお気に入りです。

「ポッドキャスト」は、PCを使ってインターネットからダウンロードしたポッドキャスト を再生専用です。「DSP(スピードコントロール)」が使えるので、ニュースやコラムなどを短時間で聞けます。


■その他のメニュー
「フォト」「ビデオ」は、PC・ブルーレイレコーダーなどから転送します。「ビデオ」は「MP3」でないと再生できません。変換ソフトはフリーソフトやソニーで配布されています。これもまた後で取り上げます。

「各種設定」は、「イコライザ」「VPT(サラウンド)」などの音楽設定、アラーム/スリープ設定、共通設定、書く設定ができます。

「ちょい聴きmora」は、「mora」を通してダウンロードした試聴曲を再生します。


関連リンク
ソニーストア ガイド ソニー公式
■Amazon NW-S764
■楽天市場 NW-S764
■Yahoo!ショッピング NW-S764