使いやすかったウイルスバスタークラウド(バージョン6.0)

ウィルスバスターホーム (468x301).jpg
購入したノートパソコン「ソニーVAIO Fit14E」にプレインストールされていた体験版ウイルスバスタークラウド(バージョン6.0、2013版)の使用期限が迫っています。カスペルスキー2013マルチプラットフォーム セキュリティに比べるとウイルスバスタークラウドは設定項目が少ないので設定が楽です。



■一度は切ったウイルスバイスター
購入したノートパソコン「ソニーVAIO Fit14E」の他にパソコンがありまして、そのパソコンではカスペルスキー2013マルチプラットフォーム セキュリティを使っています。そのカスペルスキー2013の前にウイルスバスター(確か2009年~2012年まで)を使っていました。

なぜウイルスバスターからカスペルスキーに乗り換えたのかというと、スキャン結果に不満があったり、もっと細かく設定をしたかったから。

□不満のスキャン結果
ウイルスバスタークラウド(2012版かな?)の不満なスキャン結果とは、スキャン途中に「検出数2」と表示されているのにスキャン結果には「検出数0」となっていたことです。問い合わせても「もう一度スキャンしてください」と返答されるだけでした。

「検出数2」はどこにいったのか、誤検出だったのか、どこかにウイスル2が隠れているのかわからないまま。



■体験版ウイルスバスタークラウド(バージョン6.0、2013)の感想
プレインストールされていた体験版ウイルスバスタークラウド(バージョン6.0)を3ヶ月使った感想です。

ws設定1 (468x289).jpg
設定項目の少なさとスッキリしたメニュー画面はとても見やすく、必要な項目が見つけやすい。

結果 (468x276).jpg
スキャン途中と結果にずれはありません。

自動アップデートはとても軽くて、いつアップデートがされているのか分からないほどです。クイックスキャン時間は1,2分で完了、コンピュータ全体のスキャンはネットサーフィンをしながらでも28分で完了しました。(環境によりけり)

シチュ2 (468x275).jpg
システムチューナーでディスク空き容量の回復、履歴の削除、パソコンの起動時間短縮、パフォーマンス向上などを行ってくれます。これを行うとパフォーマンスが向上したと感じました。

□ウイルスバスタークラウド(バージョン6.0)に不満はありません。
ウイルスソフトの設定がわからない人、簡単なのがいい人、緑より赤が好きな人に向いているソフトだと思います。保険もセットになっているタイプも有りますしね。取りあえずは無料体験版で試してみるといいと思います。


不満はないので価格や契約期間などを比べるためにウイルスバスター公式サイト(トレンドマイクロ社)を見てみると、すでに最新版ウイルスバスタークラウド(バージョン7.0、2014版)が発売されていました(笑)

ウイルスバスタークラウド(バージョン7.0、2014)は、SNSセキュリティ機能強化、Windows 8.1 対応、Mac OS X Mountain Lion対応、バージョンレス、自動おまかせ設定、365日サポートなど。バージョン6.0と比べるとSNSセキュリティ機能がFacebookだけでしたが、バージョン7.0はTwitterとGoogle+にも対応しました。





関連リンク
■Amazon ウイルスバスター|カスペルスキー
■Yahoo!ショッピング ウイルスバスター|カスペルスキー
■楽天市場 ウイルスバスター|カスペルスキー
■ウイルスバスター公式サイト ウイルスバスター クラウド
カスペルスキー公式オンラインストア