どこまで行くのですか「VAIO値下げキャンペーン」

ソニーストア

新しいパソコンを購入しようかと思った頃、VAIOの値下げキャンペーンが6月末(?)に始まりました。その頃はまだ予算外でしたので、購入するのをやめてキャンペーンは見送り。

すると、もっと値下げしたキャンペーンが始まり、それが終わるとまた値下げしたキャンペーンが、、、の繰り返しです。

現VAIO値下げキャンペーンは2013年8月6日8月8日までです。



■購入検討中のVAIO
購入を考えているのは 「VAIO Fit 15E」か「VAIO Fit 14E」のオーナーメイドのどちらか。
どちらも今発売されているVAIOの中では低ランクでホームノートと位置づけられているノートパソコンです。一人暮らしの方や女性向けと言われています。


■「Fit E」をオーナーメイドするなら
用途は遊び程度のサイト作り、ブログ更新、動画鑑賞、音楽・画像の母艦、オンラインゲームです。
動画のエンコードやハイスペックを要するオンラインゲーム、ワード・エクセル等は使いません。


考えているスペックは

□VAIO Fit 15E
OS:Windows 8 64bit
タッチパネル液晶:タッチパネルなし
ディスプレイ:15.5型ワイド1920×1080ドット[高輝度液晶]
グラフィックアクセラレーター:NVIDIA GeForce GT 740M(専用ビデオメモリー1GB)&インテル HD グラフィックス4000
プロセッサー:Core i7-3537U(2GHz)
メモリー:8GB
ストレージ:HDD約500GB
その他は標準装備

販売価格:98,800円(税込)
VAIO(R) Fit 15E


□VAIO Fit 14E
OS:Windows 8 64bit
本体カラー+タッチパネル液晶:ホワイト+タッチパネルなし
ディスプレイ:14型ワイド1600×900ドット[高輝度液晶]
グラフィックアクセラレーター:NVIDIA GeForce GT 740M(専用ビデオメモリー1GB)&インテル HD グラフィックス4000
プロセッサー:Core i7-3537U(2GHz)
メモリー:8GB
ストレージ:HDD約500GB
その他は標準装備

販売価格:89,800円(税込)
VAIO(R) Fit 14E

差額は9,000円、どちらの価格もキャンペーン中の価格です。


「VAIO Fit 15E」と「VAIO Fit 14E」の違いは、
15Eはテンキー付きキーボード、迫力のある重低音サウンドの大型ボックススピーカー、ディスプレイサイズが15.5インチが標準装備ですが、14Eにはそれらはありません。他に15Eはディスプレイ高輝度液晶が選択可です。

また、共通オプションにあるバックライトキーボードは考え中です。


ビックカメラの店員さん曰く、15Eは以下の様な人におすすめしているそうです。
1.テンキー付きキーボードが欲しいなら15E、
2.デジカメをよく使い写真・画像をパソコンで見るなら15E
3.ディスプレイが大きいほうがいいなら15E
4.パソコンのスピーカーで映画、音楽も聞くなら15E




■ハイスペックな「VAIO Fit 15」「VAIO Fit 14」
「VAIO Fit 15」「VAIO Fit 14」は、「VAIO Fit 15E」「VAIO Fit 14E」のワンランク上のノートパソコンです。「VAIO Fit 15E」「VAIO Fit 14E」では選択できなかったSSDが選択出来ます。またタッチパネルを操作しやすい設計にもなっているようです。


■「VAIO Fit 15」「VAIO Fit 14」を選択しない理由
「VAIO Fit 15」「VAIO Fit 14」を選択しない理由は、2つあります。

1.SSDの価値がわからない、そして高い。
2.排熱構造が理解できない。


単に私の知識不足で理解していないだけです。

「VAIO Fit 15」「VAIO Fit 14」には排気口がない代わりに、熱浸透率の高いアルミニウムボディになっています。排気口がないので埃が入りにくいとも聞きました。
ボディがプラスチック製のものよりアルミニウム製はスタイリッシュで高級感もあります。店頭でもオンラインストアでも「Fit E」と比べると「Fit」がかっこいいと思います。

ただ、プラスチック製に比べて重くなるそうです。



■「VAIO Duo 13」もいいけどね
「VAIO Duo 13」もカッコいいですが、
イラスト描かない、タブレットにしてウロウロするほど大きな家ではない、高価なものを外出時に持ち出す度胸ない、そもそも価格がありえないので構想外です。

因みに、「VAIO Duo 13」をオーナーメイドするならこんなスペック

□VAIO Duo 13
OS:Windows 8 64bit
プロセッサー:Core i7-4650U(1.70GHz)
グラフィックアクセラレーター:インテルHDグラフィックス 5000
メモリー:8GB
ストレージ:SSD約256GB
液晶保護シート:液晶保護シート+貼付サービス
その他は標準装備

販売価格:169,780円(税込)
キャンペーン中の価格です。

グラフィックアクセラレーターはプロセッサーによって勝手に選択されます。専用ビデオメモリーが選択できないのが、オンラインゲームにどう影響するのかが分かりません。




以前は家電量販店でパソコンを購入していましたが、最近はメーカー直営店でオーダーメイドするようにしています。(VAIOはオーナーメイド)
自分にあったスペックが選べますし、不必要なOfficeを選ばなくていいですからね。パソコンに詳しくなくても、スペック選択についてはわかりやすく説明されているサイトがいくつもあります、また直営店で問い合わせもしやすくなっています。

関連リンク
■VAIO VAIOキャンペーン一覧

参考にしているサイト
ソニーショップさとうち ネットストア
the比較
3Dグラフィックのゲームをやるためのパソコンの購入アドバイス ~初心者でも後悔しないために~